ビール業界の課題とCRMシステムの果たす役割について

「キリン」と「アサヒ」が首位争いを繰り広げるビール市場

ビールや発泡酒、第3のビールなど、いわゆるビール系飲料を供給する業界において、地ビールを製造する会社はたくさんあるが、市場におけるシェアは業績1位~4位の大手企業で99%以上となっている。とりわけ、アサヒとキリンは激しい競争を続けており、2009年はキリン、10年はアサヒというふうに首位を奪い合っている。

しかし、国内市場における出荷量は、なんと6年連続で過去最低を更新しているのだ。
反対に、海外市場では20年以上にわたって増加し続けている。
その大きな要因は、中国における消費量の増加が顕著に見られることだ。

2003年以降、中国は世界で最もビール消費が多い国となっており、現在もなお増え続けている。

ビール業界のCRM導入の動機

ビール業界は消費をする顧客が多様に分かれている。
その大小さまざまな顧客のニーズに応えるために業界大手のアサヒビールでは早々にCRMに取り組み、営業のシステムに組み込んだ。

それはB to Bのビジネススタイルにおいて息の長い顧客をきちんと囲い込むため、そしてさらに消費を促進するために行われている。顧客の管理体制をCRMシステム上に確立し、消費者の声というものを掬い上げられるようにした。
その声をいかに有意に営業へと反映させられるかが企業として発展の明暗を分けるであろう。

情報を管理しソートにかけて情報の見える化を図るというだけでなく、それを基に企業として各部署が必要に応じて連動して動けるかが重要である。



高コストパフォーマンスの顧客情報管理システム R-CRM
ビール業界の「今」とCRMシステムが可能にする顧客管理とは